WebディレクターがWebじゃない事で悩んでる。

Advertisement

director20131025
手に職?うーん・・・

フロントがバリバリ先進的な技術を身につける中、表層部分だけは必死に追いかけてるのが今の僕です。知ってないと仕事にならない。。
ただ、この状態だと技術知識は全く身につかないです。
もしWebディレクターとしてやっていけなくなったら、それこそフロントエンジニアとして働くしか道がなくなったら、ヤバイなぁなんて思ったり。

Webディレクターやってて身につく事ってなんだろう?

そもそもディレクターって、もっと上流だとプロデュース周りとか、下流だとそれこそ営業だったり、人とかプロジェクトと密接なモノですよね。
だから技術とかはいらないけど知識は必須だし、ノウハウが何より必要。あとは人脈だったり接客術だったり。
そう考えると、汎用的っちゃ汎用的。
企画力だったりはビジネススキルとして大きなモノだし、何より社会について詳しくなる。というか社会を知らないと、なかなか提案が出来ない。
こないだ会ったお客さんは、自分と同い年だったんだけど、東大卒で金融系の国レベルの会社に務めてるんですが、まぁー頭が良い。
Webの事は門外漢な癖に色々話は通じるし、ブランドやマーケティングの話も通じる。それに加えて当然金融関係や社会・経済の動向はもちろん詳しい。
そんな人達がゴロゴロ世の中には居て、一見若い良いとこの兄ちゃんという感じなんだけど、大手企業(それこそIT以外の企業)はそんなのが一般レベルで居るじゃないですか。
まぁ焦りますよね。そういう人たちと接すると。

Webディレクターって、そういう人達と接する仕事なんですよね。
だから手に職っていうか、汎用的かつ一般的なビジネススキルを身につけないといけない。
マーケティング会社の人とかとプロジェクトを組むと、WebやITってOne Of Themだし、アプリはやはり社会的注目度がかなり高いので話の主軸になるけどWebだけだと社会的には弱い。そうすると、やはりマーケットや社会っていうモノ全体を知らないといけない。

勉強する事は本当に多いですね。
Webディレクターっていうのは、自然とこういった事に突っ込んでいくわけで、ある意味どう転んでも良いのかも。ただもうフロントにはもう戻れないだろうなぁ。

さて、この先は何を目指そうかな。
なんて思いつきの記事です。Webって楽しいね!

あと最近のマイブームなんで一応書いておきますが、iPhone5c抜群にかわいいね