クリエイティブなシェア生活

Advertisement

思いついたことを、つれづれなるままに…。

ちょっと前まで、どこを見てもシェア・シェア・シェア・シェア言って、シェアをフックに新しいビジネスを確立させようと様々な企業がシェアサービスを立ちあげていましたね。おかげで少し嫌な印象も抱かれ始めましたが、それでもやはりシェアの概念は素晴らしいです。ルームシェアなんてのは元々ありましたが、近年ではFBの影響でシェアと言われるとどうしてもSNSに引っ張られがちですね。
(「シャア、謀ったな。シャア!」と心のなかで叫んでしまったアナタは既に毒されています)

「どうでも良い」ってのは好きじゃない

いきなりですが、シェアとは関係の無い話題。

「今日○○食べたんだー」「ふーん(どうでもいい)」これは有り(笑)
でも、よくTwitter(というかFavstarとか)で見かけるんですけど、
皆で盛り上がったネタの議論中にこそっと「そんなのどうでもいいんじゃない」みたいなパターン。
ネット上は色んな方が居るので仕方が無いとは思うんですが、
これがリアルの場合だと更にやっかいで、一人居ると周りの勢いが激減します。
どうでも良いっていうのは、関心が無いのと同じ。
関心が無いっていうのは、その議論に対して放棄してるだけで、
興味が無いなら無いでいちいち「どうでも良い」って態度・発言は不要じゃないでしょうか?
門外漢だから任せた。となるならば、「ごめん、ちょっとわかんない」くらいの、それ相応の態度でいいんじゃないかと。

「夕陽がキレイ」

ふとこんな言葉を発したとします。
そういう時に「何ロマンチックになってんの(笑)」みたいに言う人もいます。
からかう程度で笑いになるので、それはそれで楽しいんですけど、
どうせなら
「おー、キレイ!このアプリで撮るともっと良く撮れるはず!」
なんて会話が弾むと、なんだかクリエイティブな気がします。
そんな仲間って素敵じゃないですか?

批判すること。言及すること。

これもWebでよく見かけます。というかTwitterで。
Twitterはある程度パブリックな場ですよね。とりあえず検索でも鍵付きでなければ見られますし、RTなんかであっと言う間に広まります。
あとはてなブックマーク上でのコメントもけっこうアレですね。

時々、「これはヒドイ」なんてブコメも見ますし、Twitterで自分のブログ名なんかを検索すると、色んなコメントが見られます。
(発言する方はあまり本人を意識せずに発言してるように見えますが、本人が確認できる時もありますよね)
Webは匿名性が強いので、気軽にこそっと批判できるわけですが、普通はリスク取る必要無いですから、この方法で自らの意見を発信するのがベターなのでしょうか。
僕はブログ書き始めてからこの手の批判はあまり良い物じゃないなと実感したので控えるように努力しています。

ただ、 たまにきちんとアカウント宛にリプライを飛ばしてくれる人が居ます。
リスクを負ってまでパブリックな場で発言してくれています。 これは非常に素晴らしい事だなと思います。
その意見が正しい、間違っているという評価を第三者から受けるリスクを負ってまで言及してくれているので、とても信頼できます。それが批判であっても、きちんと受け止めるべきだと考えます。(限度はありますけど)

これも非常にクリエイティブな行動だなーと感じます。素敵です。

シェアの素晴らしさ

今更ですけど、Facebookの使い方で傾向が。
その人が「有益」と思える情報を発信してくれるアカウントってありますよね。
ブロガーさんのアカウントもそうですが、実名で、社名なんかも公開しているアカウント。
仕事の一部として使っている方なんかも良い情報をシェアしてくれます。
シェアって素晴らしいですよね、無償の愛みたいなものでしょうか。
僕の知り合いの社長さん、開発系の会社なのですが、
その方はやはりFacebookでいつも有益な情報をくれます。
更にメールでも送ってくれます。(メルマガじゃなく、個別に)
社内でもこういったシェアを頻繁に行うところは多いですよね。
このシェアって、実は自分自身の為でもありますよね。
「教えると覚える」という事がありますが、「発信する」と、発信者は少し責任が出る感覚はあります。
何も知らないのにシェアしてたら恥ずかしいですもんね。
これも素敵な行為かなと思いました。

更に活発化する交流

これも今更なのでノマドとかコワーキングとかは書きたく無いのですが、近年はとても交流が活発になっている感じはあります。
僕もSNSを通じて実際に呑みに行く機会が増えました。

次々とコワーキングスペースも増え続け、電源カフェやWi-Fiの無料提供が活発で、色々な場で交流ができるようにもなりました。
最近ではシェアハウスも以前にも増して活発化し、非常に魅力的な物件が多いです。

「ソーシャルアパートメント」www.social-apartment.com
「ソーシャルアパートメント」

通常並みのワンルーム料金ですがラグジュアリーな共有スペースや専用SNS、交流会、共用部は業者が清掃してくれるサービスなど様々な付加価値が揃いシェアの概念を生活スタイルで叶えてくれます。素敵ですね。



色んな人と、色んなルール・環境で、色んなスタイルと感性をシェアする。
なんだか凄い時代なのだなぁと実感しますが、こういった考え方が良いモノやコトを実践できる工夫かなと。僕も色んなクリエイターと色んなコトとモノをシェアし続けられればいいなぁと、そう感じました。

なんかシェアハウスのステマみたいな記事になってしまいましたが、全く無関係です…
というか・・・あれ?なんの事書いてたんでしたっけ(オチ無し