デザイナーでもマネージャーでもない?「プロジェティスタ」という職業を知っていますか?

Advertisement


Projetista

イタリアで使われる呼び名です。実際に職業としてあるようです。
意味としては「プロジェクトマネージャー」や「デザイナー」 のような存在で、
仕事(プロジェクト)全体を管理し、クリエイティブなモノを創りだす職業です。

デザイナーの代わりにプロジェティスタという肩書きの方も多いようです。

これは、イタリアの企業風土というか、独特の背景が関係しているようです。
イタリアの中小企業率はなんと全体の90%とされ、ほとんどが10人以下です。
また、その中小企業の輸出率は約60%。つまり半数以上をになっているわけです。

つまりプロダクトを生み出す時には設計、プロジェクトマネジメント、
そして輸出までをも考え、
仕事とクリエイティブそのものを結びつける。

そういった必要性から、
デザイナーという肩書きではなくプロジェティスタと名乗るわけです。

これは単にデザイン・設計だけの能力では出来ません。
プロジェクト全体を把握し、利益を直接的に生む、まさにクリエイティブな職業です。

僕の周りの感覚で考えると、
WEBディレクター兼、WEBデザイナー兼、コーダー兼、プログラマー兼、経理
という事?

デザインをする職業
という事は、
デザインという武器を使って仕事をする
という事になります。

僕はこの考え方は非常に共感を覚えます。
少しこのプロジェティスタという職業に憧れ、フィールドを拡げ、自分磨きしてみるとします。