Webディレクターのホンネ…。

Advertisement


代理店さんから言われるコトバ

そりゃそうですけど・・・
それって値切り交渉ですよね。できれば金額の事はこちらの希望を言わせてください…。
こういった値切りの手法、巧妙に仕掛けてこられる代理店さん、いらっしゃいますが、
皆さんはどうされていますか?
こちらからお断りさせていただく事もあるのではないでしょうか。


この修正の意味、期待できる効果を検討すべきですよね。
もちろん鶴の一声はよくある事ですが、
結果的に再修正、二度手間、目的失敗、色んな懸念があります。
ここは、小さい内容でも、交渉・検討させてください。


言われてねぇっ(笑)
激務な人だったり、あまり制作に関わらない人がこういう事言う場合が多い気します。
こちらから言質とっとくのが良いですね。
これを避ける為に仕様書などはしっかり残しておいた方が良いです。
資料はお客さんの為だけでなく、我々の為になりますよね。


お金とスケジュールだけを管理される場合によく 言われます。
進行管理やクオリティ管理はされない、という場合もあります。
そういった時に言われるとなかなか辛い・・・

ディレクター、船頭が多いと、こういった管理範囲が曖昧になり、
非常に進めづらくなる場合があります。
進行の範囲はきちんと決めておきたいですね。


あ、なるほど、そうっすね・・・・
アートディレクションはどっちがやるんでしょうか。
単に作業者なのか、デザイナーなのかははっきりした方が良いと思います。
それぞれデザイナーにも思惑があり、設計をしています。
もしデザインをディレクションするのであれば、事前にそう伝え、設計書をきちんと作って頂ければスムーズになるかなと。
もちろん、こちらが行うのであれば、こちらが説明する義務があるのできちんとしなければいけないですね。

技術者から言われるコトバ

ありますよ。始めに目的からきちんと情報共有してる場合、目的に達しないと判断したら仕様変更をお願いします。
それがどんな綺麗で使いやすいモノだとしても、目的ありきなので。
もちろん、それを覆す効果を期待できる、あるいはそれがきちんと説明されれば検討します。


微妙なラインですよね、こういうのって。
もちろんお支払いも済ませたいし、増額は避けたいし、早く済ませて納品したいですよ、こちらも。
本音としては、元々最初から質が高ければ、修正は出ない場合が多いですよね。
二度目の修正だとしても、一度目できちんと対応が完了されていれば、二度は無かったですよね。

これは事前のディレクターの伝達ミスの場合もあるので、本当に微妙なんですが
この修正は、じゃあどうするんだという場面。
ディレクターがお客さんにゴリ押しして修正させない方法を取ることが多いと思うんですよね。でも、大体後から問題となって浮上し、結果的に後から「アイツはダメだった」となってしまうと思うんです。
クオリティが高いモノを出し続ければ、仕事は勝手に入ってきます。
制作物が一番の営業効果だと思いませんか?

また、作業量が多いのと、納品物が多いのとでは別次元だと僕は思います。


・・・・・え?「出来ました」それだけ?説明は?
「見て判断してください」「動かして判断してください」ってことですか、そうですか。

デザインは、見た目が良ければ良いわけじゃないです。
プログラムは、動けば良いわけじゃないです。
それぞれ注意点や、訴求ポイントがありますよね?
まさか「ディレクターの指示通りに作ったので説明不要です」と思ってるんでしょうか。

モノを創ってるのに、そのモノに対して拘りが無いのであれば、誰でも良いです。
安いところを探してそこにお願いします。もし、その技術者がそういうスタンスならば納得します。

そうじゃなくて、「アナタのクオリティを見込んでお願いした」のですから、
そのクオリティを理解させる為に説明は絶対にした方が良いと思います。

見ただけで判断する、それはどんな一流が作ったモノでも難しいんじゃないでしょうか?


え?あ、はい。お願いします・・・
大丈夫かな、疑問出てきそうな内容だけど。

ドコが疑問か、こちらからわからない事は多々あります。
経験から言うと、依頼内容がわかってない人は、スムーズに全て受け入れ、
結果ぜんぜん違うモノがあがってくるパターンが多いです。

「この部分はどういう意図で?」「これは少し特殊な依頼ですけどなぜ?」
と、色々と事前に質問が出てくる方は、きちんと根底から意味を汲み取ってくれます。
結果、一発OKのモノを出してくれる方が多いです。

1を話して10を理解してもらう。
という事を期待してるのではありません。
こちら側も、必ずどこか不備があると思うので、事前に詰めておきたいんです。
結果的にお互い助かりますよ。

エンドのお客さんから言われるコトバ

これだけはナイショです。

一つだけ言えるのは、お客さんは「わからないから頼んでる」わけで、
そこに対して愚痴を言ってもしょうがないと思います。




素材はシルエットデザインさんより
http://kage-design.com