作業効率の向上について考えた結果

Advertisement

ちょっと最近バタバタで、息抜きに駄文をば。ずっとブログ更新していなかったし・・・

efficiency
色々考えた結果、回り回ってこんな風に最近思うようになりました。

  1. 正しい仕事の方法は人それぞれ違う
  2. 良いと思った事を実行する
例えば、会社でもSNS、やりますよね?やれる会社だったりすると。
「アイツSNSばっかりやってるよ」なんて後ろ指さされてるかもしれませんね。僕もやってますし。
「勤務中のSNS辞めれば効率が上がる」本当に?
そういえば前にどこかで「ネットサーフィンしない人よりしてる人の方が効率が良い事が判明」みたいな記事見ましたね。これとは少し違うかもしれませんが、
SNSやってると良い事スゴイありますよね。
例えば、仕事のお付き合いだけじゃ関係を持つ事が出来ない人にだって近づけます。憧れの人と会話ができます。普段のつぶやきを見る事ができます。

それって実はスゴイ事ですよね。

何気なしに発言する内容から、スゴイ大きな気付きが生まれる事が多いです。
今役に立たずとも、自分を正しいベクトルに向けてくれるような感覚。
逆に、すぐ役に立つ情報なんかももらえますし。
「○○に困ったーうわー」とかつぶやくと、「そんなの○○で一発じゃん」って教えてもらえたり、とか。
一日中SNSばっかやってたら当然効率下がりますけどね(つーかサボってるだけだし)

これは例えばの話しですけど、
仕事って結局モチベーションの良し悪しで大きく変わります。

自分が正しいなって思った事は、
まずそのやり方で頑張ってみる事が一番の効率化に繋がると思います。

よく「こうするべき」みたいな論がありますけど、それを人に押し付けるのは不毛です。
「こうすると良い」ならわかるんですが。

人間、皆横一列でも無いし性別も環境も国もスキルも、考え方も全く違うので自分が100%それを再現できるわけではありません。 全ての事例は参考でしか無いです。

「効率を上げよう」そう感じて思いついたアイデアは「まず実行する」
それしか無いと思います。
なぜなら「自分で考える事」が重要だから。要はモチベーション次第なので。

そして、この考え方は作業効率の向上に伴い、品質の向上にも繋がります。
急がば回れ。

さらにさらに、この考え方は人材育成の幹かなとも思ってます。

これは僕個人の考え方ですけどね。(この考え方は他人と合わない事が多いです…)