フランス(パリ)に1週間行ってたけど何か質問ある?

Advertisement


タイトルはネタです。

こないだ1週間ほど休みをとってパリに行ってたので、写真上げときます(ページ下部)」。あと思ったことメモしておきますね。フランス旅行へ行く方の助けになれれば嬉しいです。

フランス人

とにかくタバコ吸ってます。ひたすら。
道(外)でしか吸えないので、外は歩きタバコしてる人ばっかりです。火貸してくれって何度も聞かれましたし。あと、思ったより人が良いですね(日本人好きなのかな?)すぐ声かけてきます。

あと、とにかくイケメン・美女が多い!そしてシャレオツ!おじさんもシャレオツだし女性はほぼ全員シャレオツ。
僕がぼけーっと道に居たら、信号の向こうから美女がまっすぐこっちを見て声かけられました。フランス語で。よくよく聞くと火貸してってことだった・・・火をつけると「メルシー(ニコ)」って。可愛いっていうか、カッコよすぎ!!

言葉

観光地周辺は日本語案内多いですね。 喋れる人も何人かいましたよ。
あと、ブランドショップとかはたまーに日本人居ます。
フランス人は英語喋んないって聞いてたんですが、英語しか使いませんでした。
フランス語で喋りかけて来るんですが、わかんない顔してると英語使ってくれました(笑)
まぁ英語もわかんないんですけどね・・・ 

スリ

事前には聞いてましたが、パリはかなりスリの類が多いです。かなり警戒してたので何も被害は無かったですが、旅行者、特に日本人はかなりの確率でスられるそうですよ。

ジプシー:そこまで見かけませんでした。ルーブル周りとか、繁華街に集団で回ったりしてるのは見ましたが。
スリ:iPhoneがかなり盗まれるそうです。換金できるそうで。あと、ルーブルの中に怪しい人は何人か居ましたね。
ミサンガ売り:これも観光地。特にモンマルトルに多かったです。黒人でかなり強引なんですが、「ノン(真顔)」って断って無視でOK。一昔前の原宿の客引きみたいなもんですね。とにかく無視。

とにかく常に警戒してましたね。特に地下鉄は、変な人多いです。急に車内でライブ始めて金くれーみたいな事してたり。でも、フランス人のあの人の良さと、気軽に話しかけてくる感じと困惑して悪いヤツなのか良いヤツなのか見分けるのが難しいです・・・あと観光地近くは変なのいっぱい居ます。自称ブラジル人に声かけられて、どっかの国の金渡されそうになりました。受け取って、日本円と交換しようぜって言うんだと思います。 とにかく無視で。

空港

シャルルドゴール空港、やたら混んでました。
パスポートコントロールはゆるゆるです。遊ばれたけど。
「ぼんじゅーる♪」とかノリノリでパスポート出したら「・・・・・(真顔)」
え、こわっ!と思ってると「ノン!ノーボンジュールヒアッ!!」とか怒鳴られて。
「what is this!?(パスポート指差す)」 「えっと・・・passport?」「non!!!(真顔)」「えっえっ… japon?」「yes! コニチワー!バンザーイ!!アリガトー ♪マタキテネー♪」 なんだこれ・・・・(心臓ドキドキ)

あ、でも税関のボディチェックはけっこう厳しかったかも。

飛行機は行き12時間。帰り10時間。
韓国経由だと安いので、インチョン空港で乗り継ぎしました。インチョンは乗り継ぎ簡単ですよ。1時間あれば余裕です。(日本語で全然イケますしね)僕は2時間しか時間が無かったので遊ぶ余裕があんまり無かったですが、とにかく大きくてお店がたくさんあったので、次は少し時間持って遊びたいです。ショップの人は日本語めっちゃ上手い。

カフェ

とにかくパリにはカフェ、カフェ、カフェ。カフェばっかりです。そしてほぼ全員がテラス席。タバコ吸えるから。有名カフェもたくさんあります。行く時は調べて狙ったほうが良いですよ。観光地周りの無名カフェはくっそマズイ微妙です。味も、値段も。 びっくりしたのはタバコ。灰皿無いところがありますが、下に捨てるんですって!店員さんに聞いたら「it’s French Style(ニコニコ)♪」って言われました。
ただメニューがフランス語だとぜんっぜんわかりません。英語併記のメニューかどうか確認してから入った方が良いです。観光地周辺のカフェは日本語メニューもけっこうあります。「カフェ シルブプレ」と言っておけば大丈夫。
会計はテーブルです。「エクスキュズモア チェックプリーズ」で声掛け。「ドゥミニュット」とか言われるんですが、余裕で10分以上待ちます。(deux minutesは2分。ちょっと待ってて、って意味)暫くすると会計持ってくるんでその場で払って終わり。フランスはカード文化なので、カード払いでも全然OKです。

アメリの舞台になったカフェはモンマルトルに実在します。コーヒーとクレームブリュレのセットで8€くらいだったかな。美味しかったですよ。写真あります=DSC5364-5384。
写真DSC5412-5423はマリアージュ・フレール。めっちゃ高いですが、とっても美味しいです。ランチメニューで30-40€しますが、全部美味しい!メニュー(特に紅茶)は本当意味わからなかったですが、日本人(らしき)スタッフが居たので助かりました。(でもベタにマルコ・ポーロ頼みましたけど)紅茶単品は確か9€

あと、パリはトイレに入れる機会があんまり無いので、トイレしたくなったらカフェ行くのが良いかも。 変なところでトイレ入るのも怖いですしね、スリが。

美術館

ルーブルはツアー会社でガイドを頼んだ方が良いです。フリーで入ったら一日かかりますよ。大きすぎて。人も凄い多いし、スリに注意。僕が頼んだガイドさんは資格持っていて、美術の歴史を話してくれて凄く良かったです。アートって、よくわかんないのは見てもわかんないんですよね(笑)特にルーブルは人が凄いので、じっくり鑑賞して考える暇が無いです。ただ、僕が行った時はオランダ絵画のフロアが休みで、レンブラントとフェルメールが見れなかったです。レンブラント見たかった・・・本当後悔。。

オルセーは、僕の中で一番良かったです。
ゴッホ、ゴーギャン、マネ、モネ、ルノアール、シスレー、ミレー、セザンヌ等、印象派・ポスト印象派の絵画が多いです。印象派の絵画の色彩感覚には感動します。僕はゴッホが好きで見に行ったんですが、ルノアールやシスレーの色使いにはとても感動しました。写真では感じられない光や雰囲気が感じ取れます。ルノアールのムーラン・ド・ラ・ギャレットで描かれている木漏れ日は、実際に見ると本当に光が感じられて、幸せな気分にさせてくれます。
僕が行った時はとても陽が強く、フランスの並木通りを歩いていると木漏れ日を感じる事が出来たので、今回の旅行にマッチして凄く良かったです。
人もそこまで多く無いし、じっくり見れました。あとゴッホが見れて幸せ一杯♪オルセーは写真NGなんでありません。

買い物

買い物はブランドショップなら間違い無く満足できると思いますよ。色んなブランドショップの本店がありますしね。とりあえずプランタンとギャラリーラファイエット行くと良いんじゃないでしょうか?あ、あとマレ地区だったか、バスティーユの奥の方だったか忘れたんですが、なんか原宿ばりに若い人が集う街がありました。ファッションも雑貨も色々あって楽しかったんですけど、どこだったか忘れた。。。

食事

個人的にはパンばかりでキツかったです。でもオニオンスープや肉料理など、美味しいものもたくさんあります。ビールも美味しかった・・・あと高級レストランは一個くらい行った方が良いかもしれませんね。美味しかったです。日本食のお店もたくさんあります。僕はサッポロラーメンというラーメン屋にかけこみました(笑)日本人っぽいスタッフさんですが、日本人じゃないようでした。
外食は基本的に高いので、 スーパーで買って食べても良いとおもいますよ。スーパーは、Monoprix、Monopというのがたくさんあります。ビールとか、めっちゃくちゃ安いですよ。500mlでも2€くらい。ヒューガルデンホワイトとかもあります。ワインも凄い量。日が暮れると店先に若者が溜まってたりするので気をつけましょう。声かけられたり、手を差し出されたりします。

移動

断然、地下鉄です。それかバス。
カルネっていう回数券があるんですが、地下鉄の場合は1枚でパリ市内中、出なければどこへでも1枚で行けます。10枚でたしか12.75€ これはバスでも使えます。ただし、RERという地下鉄はパリ郊外へ出るのですが、郊外へはカルネが使えないので注意が必要。一旦出て新しい切符を買う必要があるとの事。よくわからないのでRERは使いませんでした。

あとタクシー。パリ市内なら端から端でも3~40€くらいあれば回れるほど。初乗りも2.2€(だったかな?)安いのでガンガン使って大丈夫です。ただしラッシュアワーの時間帯になると道が混みまくりです。いちおうタクシーの運転手にも英語通じました。行き先は書いて渡すのが早いです。

その他

タイトル通り何か質問あればコメント頂ければ返答します。僕がわかる範囲で・・・

以下、写真集です。