まずはやってみる。理由はそれだけ。

Advertisement

plus1 自分も割りと後回しにする事が多いので、ほぼ自戒記事。

仕事でもプライベートでもそうなんだけど、
人間って、何かやろうとかぼんやり考えてる時、だいたい次に出てくるのは「●●だからちょっとやろうか悩む」みたいな事。
この辺はその人の個人差が大きいけど、まぁ人間ってのは何かしら「やらない理由」を付けたがるモノなんだと思う。

誰かがやってるからやらない
何かやったら批判が怖いからやらない
今更これをやっても意味が無い
今これをやる理由が無い

たぶん、本当に考え出したら的を得た、なかなか冷静な判断なんだと思う。
それをやっても、その事で何か形に見えるモノが返ってきたりはしない事が多いだろう。

ただ、得られるモノが何も無いってわけではない。
むしろ得られるモノは大きい。

先日、堀江貴文さんの「ゼロ」を読んだ。
あの人は色々誤解があった人だと思う。純粋に目の前の事とその先の事に向かって走り続けて、結果的によくない事を何個かやってしまった。
ただ、考え方や気持ちはとても本から伝わってきた。そうやって進まなければいけなかったし、そうする事で大きなモノを得た。
それこそ「ゼロ」になってしまったが、ゼロになってもまた1を加えられる、そういう人だと思った。

彼が今までやってきたことは、ひたすら1を足していく努力だった。
行っている数々の「1」は、地道なモノだったと思う。
(ただ、時々その+1を怠ってきたと書いてはあったけど・・・)

この+1ってのは、本当に小さなコトだけど、いきなり10や100を楽して手に入れるコトはできない。
何か目標を立てて、それに向かって+1をする。時が来たらそれが掛け算となって飛躍する。
(この辺は堀江さんの本に書いてある言葉です。僕なりの解釈と要約ですが)

何かをやってみる。
そうすると必ずそれは自分にとって+1となる。
今何かそれによって報酬を得られるわけじゃなくとも、いつか掛け算できる時が必ず待ってる。

+1は経験値だ。

何かしら理由をつけて、やろうかなと思っていたコトをやらないでずっと居る。
そんな風に年をとっていったら、いつまで経っても、それこそ「ゼロ」のまま。
人生最大のチャンスだ!そう思っても、その時に掛け算するモノが無い。ゼロはいくらかけてもゼロ。

チャンスは急にやってくる。その時何も知らないクソジジイでは困るのだ。

やらない理由なんていくらでも思いつくよ?
やったところで何も成果が得られないかもしれない?
じゃあそんな効率的に成果の出る物事を判別できるの?
レベルをコツコツあげれば20くらいになったら賢者にだって転職できるかもよ?
そしたら今まで遊び人とかだったけど、イオナズンとか使えるようになるよ?
剣だって使えちゃうよ?

じゃあいつやるndさじあf

ゼロ / 堀江貴文 著