主体性と向上心

Advertisement

ウェブとは関係の無い話です。

主体性
自分の意志・判断で行動しようとする態度。
はてなキーワードより

この主体性というのが会社という組織の中では非常に重要なマインドです。
主体性の無い人材というのは、アルバイトと変わりないでしょう。
また、この主体性から向上心、モチベーションが引き出されると思います。

自主的な行動は自分の力が思ってる以上に必要です。
「誰かに教える」行為が良い例で、教える事はその内容を100%整理できていないと難しい物です。
「理解」ではありません。「整理」できている事が必要です。
自身で整理が出来ていなければ、自然と「勉強しよう」と思うはずです。

主体性を持って働いていると、やりたい事がたくさん出てきます。
誰かに指示されるだけの仕事を続けていると、主体性がどんどん欠けていき、何が必要で何を勉強しなければいけないのか、こういった事がどんどんわからなくなっていきます。

最終的にはただ仕事を待つだけの受け身状態。与えられた仕事をこなしていくだけ。
非常にやりがいも無く、不満も多くなるでしょう。
そしてモチベーションも低く、勉強を怠り周りとどんどん差が開き、色んな場面で諦めが生まれ出します。まさに負の連鎖。

主体性を持っていると、目的・ゴールが自分の中で出来ていきます。軸を持てていると、多少のハードルは超えられるようになり、勉強も苦では無くなっていきます。仕事の醍醐味はここにあると思うのですが、受け身の姿勢は非常に楽なのでそちらに流れいく人も多いはず。

しかし、結果的にはストレスは受け身の方が溜まるのでは無いでしょうか?

どうせなら楽しく仕事をしたい。
これはどんなスタンスの人でも、誰もが思う事ですよね。
例え腰掛けで務めている会社でも、例え寿退社を狙っていつか専業主婦になろうと考えている人でも、いずれにせよ今は働いているのですから、主体性を持って楽しく働く方が僕は人生を楽しんでいると思うのですがいかがでしょうか?