流行のキレイなアニメーションGIFの作り方(初心者向け)※一部写真閲覧注意

Advertisement

前提ですが、動画データが無いときついです。
静止画からでも出来なくは無いですが、同ピン同ポジの画があれば割と楽です。

※あとページ下部、写真がホラーなので閲覧注意です

アニメーションGIFの作り方。

動画があれば簡単です。

Ginfninja
http://gifninja.com/animated-gifs/create

など、動画データからアニメーションgifに変換するサイトがあります。
Gifsoupなんてのもありましたが、クローズされちゃったみたいです。

コツ

コツは色合いです。

GIFは256色構成です。
変換すると微妙な色は間引かれ、
色のコントラストが強いと汚いだけの画像になってしまいます。

例えば、このようにキレイなアニメーションGIF
http://www.hangingupthemoon.com
もう無いみたいです
恐らく変換前に、色を調整していると思います。

写真でも似たような同様な手法がありますが、
色を意図的に褪せさせたり、単色を被せたり、
もしくは荒くさせてザラツキ感を出したり、
丁度今流行のトイカメラで撮影させたような風合いにしています。

動画の色を調整する

Adobe Premiereとかあれば、その方が良いですけど、
無い場合でもフリーソフトで充分です。画質などの調整だけですから。

Avidemux
http://www.gigafree.net/media/me/avidemux.html
など、色調補正等が付いているソフトが良いです。





色数を減らし、ノイズを先に加えてしまって、
ある程度クオリティ調整を先に行ってしまうのも良いかも。

上記のような、所謂「効果」を付け加えるには力不足ですが・・・

色を減らせばそれなりに良い物になると思います。

静止画から作る場合

同ピン、同ポジで動きのある写真を数枚用意すれば、
それを画質調整してアニメ化するだけで良いのですが、
中々用意しづらいと思います。

ただし、画によっては、一枚の画から動画用に編集する事だってできます。

例えば・・・

静止画からパーツを切り取り、動きを作ってしまう

パーツが切り取りやすい画を探します。
例えばこんなの。(こえぇよ・・・なんでこんなの選んだのオレ)



そして、色調補正などで光の強弱を出し、色彩調整で彩度を落とします。



パーツを切り取ります。
(うぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!ホラー!ホラー!)



あとは適当にパーツをずらします。







※微妙に目をずらしてます

これで同ピン同ポジの画が出来上がりますので、
あとはImage Ready等でアニメーション化します。

無い場合は、このようなサイトでも変換できますよ。

無料写真画像加工編集サイト・フリーソフト – バナー工房
http://www.bannerkoubou.com/anime/

動きのコツは、待ち時間と戻りのモーションもしっかり入れる事です。
そしてホラー動画完成。

ちょっと詰めが甘いですね。。

まさかのホラー
まさかのホラー映像。

もうちょっと動きを抑えて、微妙に動いてるくらいがカッコイイですね。失敗。
その前に画像選びで大失敗(途中でやり直したくなかった)

おかげでタイトルにも閲覧注意を入れるしか無かったです・・・