クライアントへの仮アップ連絡の際、URLにパラメータ入れておくと楽。

Advertisement

「ページ修正、直ってませんよ」

 

とか、大半はクライアントのブラウザにキャッシュが残ってる事が原因なので、

www.maka-veli.com/hogehoge.html?test1

とか入れておく。

2回目に送る際は?test2
とかにする。

?test1?test2はブラウザは別ページだと判断するのでキャッシュが残っていても問題無い。
ただしフラッシュだけとか画像だけとか残ってたりする事もあるけど。

お客さんに「URL変!」って言われる

メールで一文「不具合対策でURLを変更しています(キャッシュ対策)」って入れればおk

キャッシュの説明めんどくさい

「キャッシュ」→辞書に「ツール>インターネットオプション>全般タブ>閲覧の履歴項目>削除ボタン>インターネット一時ファイルにチェック>削除でクリアされます。」と登録してます。