幸せのモノサシは日々確認することが幸せに繋がるんじゃないだろうか?

Advertisement

”All happiness is in the mind.-すべての幸福は心の中にある。”

というコトワザがあります。
幸せは、自分自信で勝手に創り上げられるものです。
それは、モノサシではかることで確認ができます。
幸せのモノサシを日々確認する。

僕の永遠のテーマの一つです。

幸せのモノサシは、人によって違うし、
自分の中でも日々変わる。

幸せを感じる事ができるのは、自分の中のモノサシではかって、
それが幸せか幸せじゃないかを自分で決めてる。

そしてそのモノサシは、主観で人と比べて長さを変えたりしちゃう。

テレビやネット、友人や恋人、家族、親戚、芸能人、
色んな対象があって、その対象も今では簡単に知れちゃう(知ったような気がしちゃう)

人と比べるっていうのは良くないことでもあるし、
反面、とても勉強になったり考えさせられることもある。

時々考える。

今の環境って、数年前は考えてもないようなことだったりするし、
本当は凄く幸せなんじゃないかって。

あの人は身体に障害があるけど一生懸命頑張ってる。
しかも障害を苦ともせず、僕らと同じステージで懸命になって仕事して、
そしてとても幸せそうで精一杯生きて輝いてる。
それに比べて、今の自分の悩みは小さくって恥ずかしいことだって考えさせられてしまう。

人間はより良い物を求めて止まない。

それはどんどん幸せのモノサシが長くなってるから

でも、
ふと見つめなおしてみる。

今の幸せのモノサシは、自分の本来の長さなのか

自分だけじゃなく、世界規模で見つめなおしてみる
  • アフリカやハーレムの子供や虐待を受けてる子、
  • 不慮の事故で身体や心が傷ついている人、
  • 生まれながら自分や周りにハンディキャップがある人、
  • どんな幸せな事も幸せと感じられない不感症の人、
そう考えると、
  • 家族がいて幸せ、
  • 毎日ご飯が食べれて幸せ、
  • 仕事があって幸せ、
  • 友人・恋人が居て幸せ、
  • 何気ない退屈な日々があって幸せ、
  • 生きていて幸せ、
そんな風に考えられる。

そして更に
  • 給料が安くて不幸せなのか?
  • 今の環境への不満は果たして本当に不幸なのか?
  • 欲しい物は本当に欲しい物なのか?
  • これ以上の幸せを求めるために失われることはないか?
  • 彼・彼女の人生は本当に幸せなのか?
  • 自分の考え方は甘いんじゃないか?
  • 生きていく事に必要なものってなんだ?
と、考えられる。

こうやって日々、幸せのモノサシの長さを確認してみる。
そうすると、何気ない日常がサイコーな日々に見えるときがある。

僕はやっぱり幸せ者だ。