AppleID不正利用?合計9万円も身に覚えのないクレカ請求をされた話

Advertisement

クレカ明細開いたら身に覚えのあるAppleiTunesStoreからの請求がほぼ毎日5000円づつ来てる・・・・よくわからないが2万円分、知らない請求があった。
明細書が届く頃なので、当然当月の利用分は入っていないのですが、後でそれも確認してみるとずーっと続いていて、合計18本。9万円もの請求でした。

なんじゃこりゃあ!!!


混乱するのでメモを取りながら対応していたのですが、せっかくなのでそのメモを再度お越し直し記事にします。
同じような事が起きている方もいらっしゃると思うので。

対応内容

まずはクレカ会社に即相談。土日はセキュリティ部門が休みの為、月曜返事待ちに。
(公共料金等の支払いが止まると面倒なので、この時点ではカード再発行、停止は未申請。)

まずiTunesでAppleID購入履歴を確認。特に該当する項目は無さそう。

Appleに電話

連絡すると、本人確認の為AppleID等を伝えます。
するとAppleID宛に登録デバイス全てに対し確認コードがポップアップで送られるので、このコードを伝えてサポート開始。

現時点でAppleIDがどうなっているか、購入履歴などを確認してもらう。
このIDだと特に履歴は確認できないとの事。
考えられるのはAppleIDと関係無しにクレカの請求が来てるのではないか、という事。

ここで一旦スペシャリストと呼ばれる人に交代する。
自分の名前から、全国に5件の同名IDがある事を知る。
そのうちの1つが自分の古いIDだと発覚。
昔使っていたデバイスが手元に無いかと言われ探す。シリアルNoが必要らしい。
本人確認が出来ないとAppleも何もしようがない。これはとても大事な事ですね。

んで、ログインを試みる。

「確認メールを確認してください」と表示。
それはおかしいとの事。。

一旦電話を切り、詳しい担当部署に調べてもらう事に。

その間、該当IDで勝手に確認メールを承認してログインを試みる。ログイン成功。
古いIDのPASSを変更
デバイスの認証を全て切り、Macのみ認証。
購入履歴を確認。

おかしい・・・

2009年で止めたはずのIDが、2013年に無料のアプリを購入している。。
「***戦**ト**欲しがりません、勝つまでは**」
「史**強*D**戦(パイ***ヒー*ー)」
(ここが悪いわけでもなさそうなので一応伏せ字)

なんだこの見るからに危なそうな名前のアプリは・・・・

ここでクレカ明細を再確認。
5,000円づつ毎日のように引かれている。

同アプリを確認。どうやら課金式のゲームアプリ。
TopApp内課金
2位 1800金貨 5,000円

あやしすぎる!!!!!!


ただ、気になるのは購入履歴に記載が無い事。ゲーム課金って履歴に残るよね?
あとこのIDは一度もクレカ登録していなかった気がする。。。
まぁクレカ登録したかしてないかは記憶が定かでないので一旦忘れる。

ここでAppleから電話返答。

購入の履歴がどうしても確認が出来ないとの事。
その為、
  • 該当AppleIDからの購入をストップ
  • 今回の請求分、払い戻し
の対応をしてくれました。

ただ、今明細が届いていない分も請求がたっている為、これを調べて再度連絡する事に。

先ほど旧IDでログイン、購入履歴の件は伝えていないので伝えたところ、
クレカ登録していないのであれば、ありえないとの事。

うーん、、現状は今わかっている2つのIDでは購入履歴が一切無い事になった。
とすると、
  1. 他のIDが存在する
  2. 同名の項目でクレカが不正利用されている

1はあり得ないと思うが、いかんせん忘れっぽいので不安が残る。
2が一番最悪で、クレカ自体の不正利用。Appleにもちろん否は無く、項目がAppleと書いてあったから今回はAppleが対応してくれたような形。

というか、購入の項目って、勝手に同名に出来たりするものなのだろうか?この辺りはクレカ会社によるのだろうけど。。とりあえず今回は一字一句、全く同じ名前「Apple iTunes Store」で請求が立っている。

とりあえず後で全デバイスとAppleIDを調べて消す事にして、
今日はもうクレカ会社の対応可能な時間ではないので終了。

次の日、Appleから連絡が有り。

明細が来ていない分の請求も払い戻し可能との事だが、他にもあるかもしれないのでクレカ会社に詳細を聞いてくれ、との事。
クレカ会社に聞き、全ての項目を再度Appleに申請。返事待ちだが、その日中には確定しないかもしれないとの事なので、ひとまず待ち。

ちょっと気になったが「請求の項目名について」

「Apple iTunes Store」という請求項目名。
クレカ会社に聞くと、加盟するのに審査がある為、他社など関係の無い場合はこういった項目名で登録が出来ない、との事。

つまり、この請求はAppleで間違い無い。
だとすると、先ほどの「2」は消える。
つまりは「1」で確定。

翌日の朝、クレカ会社セキュリティ部門から電話

素晴らしい対応だった。一発解決。

結果

まず、Appleとの交渉は全てクレカ会社が引き継ぐことに。
更に今月の請求分は、時間的に間に合わないかもしれないが、取り消しを申請。間に合わなかった場合はAppleから払い戻しが行われる。
そして次月分は全て取り消し。
この時点で、自分のマイナスになる要素は、最悪の場合でも今月分の数万円、払い戻しまでの一時的な出費で済む。運良く間に合えば、何も払いは無い。

原因として伝えられたのは

「カード情報が漏洩し、そのクレカ情報で他のAppleIDを作成されてそこから利用されていた」との事。

確定ではないが、非常に今多いらしい。
なぜそのような事が起きているかというと、久々にあの名前を聞いて驚いた。


イモトのWi-Fi



例の流出事件が原因だそうだ。
確かに一回利用している・・・事件当初、何かしら調べた気がするが甘かった。。

既に流出していれるなら他にも使用される可能性があるので、即再発行を薦められた。もちろん再発行申請。
色々と再登録が面倒だが、これは仕方がない。
つーかマジふざけんな状態だが、自己責任。良い勉強になった。

どうしたらいいか

とりあえずAppleIDはちゃんと全部管理しよう。

今回は自分のAppleIDが原因では無かったが、明らかに古いIDは乗っ取られていた可能性がある。
クレカ登録をしていなかったのが不幸中の幸い。
Appleサポート曰く、そういった古いIDを不正利用されるケースも多いらしい。

また、当たり前だがクレカ登録は慎重に。
定期的にデバイス認証台数なんかも確認した方が良い。
認証解除と認証、そしてパスワードの変更も。

Appleの対応、色々と不評も聞くが自分の場合は素晴らしいとしか言えない対応だった。だいたいサポートセンターでイヤな思いをするのは、たらい回しにされたり、一つ一つのステップに時間がかかる事。
ただ今回は「次の一手」もAppleが事前に用意してくれていて、一回一回の連絡で数ステップ進むので、あまりストレスも無かった。さすがスペシャリスト。それと、何度も「ご安心ください。大丈夫です」と言ってくれるのだが、焦っている時なので非常に安心できた。アセさん、ありがとう。マジありがとう。

次に、
何かあったらまずクレカ会社に連絡した方が良い。

不正利用が少しでもあったら即クレカを止めた方が無難かも(自分は「確認」に留めてたけど)

自分の場合は土日だったのでセキュリティ部門に連絡が取れなかったが、ここに繋がれば一発で完了する。
全部引き継いでくれた。
払い戻しの件等、Appleとのやりとりを伝えていた事もあると思うが。

それと補足。
Appleに電話する時はiPhoneでかけない方が楽かも。。。
デバイスにあるシリアルとか、先ほどの確認コードとかはデバイス見なと確認できないし。

スピーカーにして電話してもいいけど。
僕はそうやりました。あとMacでiTunes開いて色々こちらでも調べると早いです。

失敗した事

旧IDの認証解除時、何に認証されてるか確認してなかった・・・
2台認証と表示されていたのだけど、当時使っていたiPodと母体PCだとは思うんですが、思い込んですぐ解除してしまったので後悔。

あと、そもそもクレカの不正利用など、意識が甘すぎた。。
クレカ自体、何かあった時に止めても良いような使い方をするべきだった。例えば公共料金は別クレカにして、普段使い用を止めても問題無いように、とか。

サポート連絡先

Apple Careサービス&サポートライン
✆0120-277-535
ここではこの手の対応はとってくれませんが、取り次いでくれます。

その後は
に電話。内線番号を教えてくれるので直接担当者と話せます。
(ただ忙しいようで、ほとんどが留守電になります。メッセージを残し、気長に待ちましょう)

1321321o

ひとこと

ちょうど風邪を引いてしまい、土日で休もうと思っていたのですが余計に具合が悪くなり発熱。マジふぁっく。