WordPress高速化に使えそうなプラグインを色々試してみた結果、けっこう早くなったのでご紹介。

Advertisement


相変わらずWPにウトい僕ですが、
案件で急遽、高速化が必要になり、さくっとできるプラグインで対応したかったので調べてたんですが、せっかくなのでMaka-Veliにも入れて、色々試してみました。

といっても、実際に全て検証し切れてるわけでは無いですし、どんな物でどんな効果があるのかを検証しきれる能力も無いのでご注意ください。あくまでも「高速化に使えそう」と思った物だけなので、実際の効果は不明です。(わからずに使うとトラブル起きますしね)※あとで自分がみたいだけのまとめ兼用という記事です。
詳しくはそれぞれのリンク先と、プラグインをご紹介されている記事等でご確認頂ければと思います。
なお、検証にあたり数値を取得してるわけではありませんのでご了承ください。

WordPressの更新

とりあえずWPを最新版(現時点の WordPress 3.3.2 )に入れなおしました。
まあベタですが、あまりアップデートもしないタチなのでコレを機に。
比較はわからないですが早くなることもあると思いますので。

MO Cache

入れてみました。翻訳ファイルをキャッシュさせます。
翻訳ファイルの読み込みに時間がかかるなんて事があるのですね。
印象としては「早くなった気がする」という感じです。
※Persistent Caching Plugin等のキャッシュ系プラグインと併用しなければ効果薄

詳しくは WordPress をたった3分で3倍高速化する方法 [MO Cache]

プラグインページ


DB Cache Reloaded Fix

データベースのクエリをキャッシュ。
入れてみました。体感的にも早くなりました。
更に管理画面も早くなりました。

詳しくは表示時間を半分に短縮 WordPress高速化プラグイン『DB Cache Reloaded Fix』

プラグインページ


WP File Cache

PHPの変数をキャッシュ。
入れてみました。MO Cacheに必要とのことなので。
MO Cacheとの併用時で確認しましたが、体感的にも早くなったのを感じました。

プラグインページ


Head Cleaner

CSS/JS等の最適化(Minify)をしてくれるプラグイン。
入れてみました。
W3 Total Cacheにも同様の物が入っていましたが、圧縮が上手くいかずにレイアウト崩れを起こしました。
こちらは、Maka-Veliの場合は問題無く導入できました。

詳しくは Head Cleaner (仮) で、なぜ速くなるのか?:dogmap.jp

プラグインページ


追記
開発の @wokamoto さんが親切に教えてくれました♪

なるほどです。記事を見るとわかると思いますが、CSSのレンダリングを早く終わらせて体感的に早くさせてくれるようです。
jsの結合などでリクエストも減るようですし、パフォーマンスはかなり向上されそうです。納得。
超あざます!!

更に「教えてください」とおねだりしたところ、
わかりやすい記事を書いてくださいました。
ユーザーの声をちゃんと拾ってくれるって嬉しいですよね。
こちらの記事を元に、再設定させていただきました。

Head Cleaner を使用する場合の設定:dogmap.jp

ちなみにGTmetrixで解析したところ
Minify HTML A (97)
Minify CSS A (98)
と、この辺りはほとんどオールAが取れていました。ゴイスー!

WP Minify

上記同様、圧縮系のプラグイン。
※未検証。

詳しくは WP MinifyでCSS/JavaScriptをまとめて軽量化、ページの応答速度を向上させる

プラグインページ


WP Super Cache

言わずもがな、ページをキャッシュするプラグイン。
W3 Total Cacheを使っていましたが、Maka-Veliではそこまで効果的ではなかったのでこちらに乗り換えました。
というのも、他のプラグインを入れてみたかったので、総合的に対応するW3 Total Cacheだと検証できなかった為です。
こちらの方は、入れた瞬間から早くなった印象は受けました。
W3 Total Cacheの設定が甘かったのでしょうか?
一部の方も、逆に重くなるという報告もあったようなので、何か理由がありそうですね。
※パーマリンク設定がデフォルトだとダメなようなので、後から入れる場合やデフォルトのままにしている場合は注意。

プラグインページ


WP Widget Cache

入れました。
ウィジェット部分をキャッシュするプラグイン。
WP Super Cache等と併用すると効果が得られる(?)ようです。
開発のページを読むと、「WP Super Cacheだけじゃ足りないよね」なんてニュアンスで書かれているので、効果があるような気がします。わかりませんが・・・導入した感じも特にわかりません。

プラグインページ


W3 Total Cache

入れてました。(乗り換え)
上記諸々にあるような効果を総合的に行えます。
PHPアクセラレーターやCDN、コードの最適化(Minify)等も含めて
総合的に管理できる凄いプラグインなんですが、
それが故に負荷がかかるという話もあり。
※案件で導入したところ、.htaccessを上書きするようで、スクラッチで組んでた下層サイトに不具合がおきました。
.htaccessを独自で書いてる場合は注意。

詳しくは WordPress: W3 Total Cache(W3TC)の高速化効果がスゴイ

プラグインページ


WP Hyper Response

一時、入れてみました。
flush() 関数を使い各種ファイルを並行して表示させるように変え、擬似的に高速化させるようです。
アクセスの多いサイトの場合などは結果的に負荷が増す可能性もあるとの事なので、一旦削除しました。
一時的に入れた印象は、少し早くなった感じは確かにありました。

詳しくは  WordPressを高速化するプラグインを作りました

プラグインページ



WP-Optimize

入れてみました。
以前は知らないうちに勝手にDBを最適化してくれてた
WP DB Optimizer(名前酷似…)を入れてたんですが、開発終了してるようなので(サイトが無い)、乗り換えました。
こちらはダッシュボード上で任意に最適化させるようです。
キャッシュクリアなんかのタイミングで同時にやることにしようと思います。
効果はどうなんでしょう・・・
よくわかりませんが、ついでに投稿のリビジョンやらスパムコメントやらを一緒に削除できるので便利です。

プラグインページ


Disable Revisions and Autosave

入れてみました。
ちょっと直接的では無いんですが、WPは投稿時に自動的に下書き保存をしますが、
それを停止させます。前から使ってますが、記事を書いていて急に落ちた時の悲しみはなかなかの物なので是非

詳しくは 自動保存&リビジョン管理を無効にする:WordPress


プラグインページ


計測してみる

以前はW3 Total Cache等で済ませてたんですが、
今回からは
  • MO Cache
  • DB Cache Reloaded Fix
  • WP File Cache
  • Head Cleaner
  • WP Super Cache
  • WP Widget Cache
  • WP-Optimize
に総入れ替え。
以前紹介した
GTmetrix
http://gtmetrix.com/ 
で再度計測。


以前は確かPage Speed Grade:C / YSlow Grade:C
でしたが、Page Speed Grade:A / YSlow Grade:C
となっていました。とりあえず上がったので満足です。
これでもう少しこのサーバで生きられる…。

追記
色々あれから勉強なり経験なりしてきましたが、とりあえずわからないプラグイン(特にこの手のプラグイン)はたくさん入れても意味が無いって気づきました。というか、わからないのを動かしてる事ほど怖いものは無いなと…。 とりあえずHead Cleanerはオススメです。 DB Cache Reloaded Fixは有効にしたままアップグレードする等でサイトが表示されなくなる事もあるので要注意