クリエイティブを言語化できるスキルの必要性とコミュニケーションデザイン

Advertisement


先日、某社の社長さんと飲んでた時、色々な技術について話していたこと。
「そんな事よりも、クリエイティブを言語化する事の方がよっぽど求められてる」
と会話になった。

”言語化”

なんともデザインとかけ離れた言葉だ、と思う方は居るかもしれないが、
デザインはそもそも対話する事に意味があり、全てデザインというのは理由があり施されている。昨今でいうUIなんかは、全てユーザーとの対話力がキーとなる。
いかにユーザーの意識と対話できるかによって、GUIが設計される。(想定)
何度も書いているし、色々な場面で見られる言葉だが、デザインとは情報設計が主軸だ。
表面的な装飾はあくまでも”装飾”でしかない。(装飾そのものも意味を持ったデザインの一つだがそれは別の話で)

GUIは一番わかりやすいので、僕のブログを読んでくださっているクリエイティビティ溢れる人々は「そうそう」とも「違うだろ」とも今思ってくださってると思う。

もう少し違う方向で踏み込んでみる。

”言語化”というのは、非常にレベルの高いスキルだと思う。
デザイナーは、デザインを提出する際に、デザインの理由を述べる事が多々ある。それはデザインしている時に既に理由が構築されているから、それを説明する事でデザインの意味を理解してもらい同意を得る為。見た人間が一目で理解できる事が理想で、デザイナーが説明をしないといけないのは何とも本末転倒だが、関係者が主観でデザイン論を勝手に崩して手を加えようとするのでこの”儀式”は重要だったりもする(話がそれた)

何かを創るというのは、必ずしも”誰か”が存在する。
それは、見る人・感じる人・使う人・盗む人・壊す人など、必ず対する相手が存在する。

クリエイターは、何かの為に何かを創る。目的がある。

それはお客様からのオーダーで作る事もあるし、自発的に世間に向けて創る事もある。
もちろん、「ただ創りたかった」というアーティスティックな物もあるだろう。
その場合は創る事をゴールに見ているので少し難しいが話が反れるので一旦やめておく

何か理由が存在する時、必ず相手が居るわけで、それには相手とのコミュニケーションをする事がクリエイティビティのキーとなる。
Webサイトの制作やマーケティング業界ではよく”ペルソナ”というのが用いられる。ユーザー・顧客増を想定して、発想を高め、それに対してどう対応するかを設計する。
これは間違いなく対話を図っている。

大和ハウスが、建築家とハウスメーカーのコラボという当時画期的だったEDDI’s House(エディズハウス)という新商品を打ち出す際にもペルソナは用いられた。
ライフスタイルというのは非常に多岐で癖があるように思える。より精度の高い、そして新しい発見を必要とするにはペルソナ設計はユーザー・顧客とのコミュニケーションに大事な工程なのかもしれない。


詳しくは知りたい方はこちらを
ペルソナ&カスタマ・エクスペリエンス学会
http://www.personadesign.net/personacase/case_1.html

コミュニケーションデザインというのは、一般的に広く知られている言葉だが、このような対話、交通や設計などをベースとしてデザインされる事はデザインとしての基礎であり、理由無きデザインが良しとされないのは、このデザイン論の為だと思う。
(個人的には理由無きデザインも実は理由、価値があるようにも思えるが)

建築や、サイン、グラフィックなどの分野では特に深く考えられ、歴史も古く、Web馬鹿の自分としては触れる事が非常に勉強になる。

”生活者のハートをつかむ”
電通が事業ラインナップとしてコミュニケーション・デザインにて掲げているコピー。
http://www.dentsu.co.jp/lineup/communication/design.html
”メディアミックスからクロスメディア、そしてコミュニケーション・デザインへ。”
時代の変化は思ったより早い。特にWeb業界は早すぎる。
そんな中、コミュニケーションデザインは更に注目される視点かもしれない。

言語化の難しさ

対話の重要性、それ自体の必要性はデザインと密接だという事。
しかし、実はそれらを言語化することは非常にレベルの高いスキルだと思う。

言語化するという事は、構造と理論が成り立たなければ成し得ない。

しかし、クリエイティブな事を行うには、対話が無ければならないので、それを行うには言語に落としこむ必要がある。
文字にしなくとも、言語に出来る構造と理論は構築しておく必要がある。でなければ、何かに落とし込めない。もし、言葉に出来ない物であれば、それは自分本位の物だったのかもしれない。(もしくは神が降りてきて後から説明できない、なんて事もあるかもしれないけども)

更にもう一つ理由があり、お客様はそれを望んでいる事。
クリエイターにはそのニーズを求められる。
クリエイターは「医者」というのによく例える事が多い。町医者、大病院の名ドクター、色々あるのだけれども、医者というのは患者が患っている物を患者から汲み取り対応する。それには言語を用いた診察が必ず必要になる。そして患者も医者との対話を求めている。

この例はクリエーター対相手の構図だが、我々が作るWebサイトの場合は、作られたモノ、そのものとユーザーが対話をする。アクションを起こす。
作られたモノとユーザーがGUIを通じて対話をする。このコミュニケーションデザインは、なんとも近く、なんとも遠く、例えるなら一度も会った事がなく文通で愛を確かめある一昔前を舞台とした遠距離恋愛モノ小説のような感じもする(読んだ事ないけど)

この、近いようで遠い存在の相手に手紙を送る時、一つの文章を書くにも、色々な背景を想像して、可能性を見出し、打ち消しの繰り返しでようやく練り出した言葉を考えるんじゃないだろうか。

デザインをする時も全く同様だ。
多数の言語を脳内が行き交い形を整える。

ただ、この話で大きく欠けている事が

対話とは聞き出す事も必要だと言う事。一見、相手の言葉を受け入れているように思えるモノづくりも、リサーチやペルソナ設計はできるが現実的に一方通行にしかならない事がまだまだ多い。この辺りはデジタルを中心に色々な場面で双方向になりつつあるので、その辺りも今後勉強していきたい。

また、電通が言うように、利用シーンも様々。Webの世界にも利用環境とは別軸が多数存在するとは思う。

セマンティックな会話についても書く必要があると思ったけど、自分の知識じゃ説得力が出ないのは僕のブログのソースを見ればわかると思う。その辺は餅屋にお願いしようと思うので誰かオネシャス

セマンティックあげーるよ~セマンティックあげーるよ~♪本当の勇気見せてーくーれーたら~♪