MarkdownでEvernoteを書く。VimやEmacsのキーバインドも設定できる”Marxico”

Marxico

Advertisement

結構前から試してはいたんですが、なぜかその時はしっくり来なかったので使わなかったんですが、最近、特に書物が多くEvernoteのWEB版も変わってから未だに慣れず、どうもしっくり来なかったので改めて試してみると、とても使いやすかったのでこのタイミングでご紹介。ご存知の方も多いはずですが。

MarxixoはMarkdownでEvernoteが書けるWEBサービス、及びChromeエクステンションで、Evernoteと連動させる事でノートの読み書きを自動で行ってくれます。

実際の画面はこんな感じ。
左が入力で右がプレビュー

テーマも変えられるし
プレビューいらないよーって人は入力モードだけでもOK
ちなみに


@(ノートブック)[タグ|タグ|タグ]

と書いておくとEvernoteの方のノートブックとタグに紐付けられます。
Evernoteの接続が完了してれば入力時に候補ちゃんと出る。
ドックを開くとノートブックとノートが出てきます。
※一度Merxicoの方で紐付けさせたノートブック/ノートしか出てこないみたい。

あとfont/CSSなんかも指定出来る


タイトルにもありますが、Vim、Emacsのキーバインドも設定可能で、
一般的なショートカット等はデフォルトで対応されています。
Screenshot_1 Markdownの方もいくつか。
markdown

Chrome使いたくないよーって方でも割りとWEBでもサクサクいくのでsafariで使っても良いと思います。

Marxico
http://marxi.co
※有料です
Chrome拡張はこちら