#LOVEFONT 乗っかりました。やっぱりミリアド(Myriad)が好きで、すいません。

Advertisement


なんだかんだいって、非常にバランスが良いかなと思ってます。
少し味気ないというか、素っ気ないタイプですが、
そこが逆に味があるというか・・・

太らせて良し、痩せさせて良し、
拡げて良し、詰めて良し、

ただ、極小にすると、ちょっと見づらいかな・・・

“ミリアド (Myriad) は、サンセリフの欧文書体で、いくつかあるフルティガー体 (Frutiger) 模倣フォントの一つである。アップルやアドビシステムズがコーポレートフォントに採用している(以前は両社ともギャラモン系のフォントを採用していた)。”
VIA:Wikipedia

気に入ってる点

元々がフルティガー系ということもあり、視認性が高いです。
つまり遠目や、ある程度の小フォント、
そして多少背景にかぶっていても、良く見えます。


極小がちょっと・・・

横の文字バランスが広くとってないせいか、
極小で使った際、少し見えにくいです。


元々小さめのフォントなので、小サイズで使う際は、
多少拡げて使った方が良いかもしれないですね。

おまけ

ちなみにWebFontだと、
Amaranth / VIA:Gesine Todt – GoogleWebFonts が好きです。

コイツはちょっとひねくれ者なのですが、
多少の大サイズにも耐えられますし、
このボリューミーでやわらかく、
少し変わったカーブが小~中サイズの時に、
絶妙な雰囲気を出してくれます。

日本語併用の時のバランスが難しいんですけどね・・・

当ブログでもちょこちょこっと使ってますよ。
例えばこんな風に

Amaranth

最後に


なんかYATさんとかもやってて、
声かけてもらったし、せっかくなんで乗っかりました。
こういう数珠つなぎ系の企画は面白いですね。

詳しくはこちら

“フォントの愛を語りませんか?
お約束はタイトルに#LOVEFONTのハッシュタグをつけてもらえればOK。”
VIA:WEBCRE8.jp


#LoveFont

記事、ライトすぎてすいません・・・・wもうちょっと頑張った方が良かったかな