グラフィックの作成と、作った物の簡単な説明記事を始めることにしました。

Advertisement

最近、よく閃いたアイデアをすぐメモとして画にしてます。
作ったものを見返したいので、ページ化をしました。

せっかくなので、元写真などからどのようにして作ったかを簡単に記事化していこうと思います。ちなみにフォトショップです。

僕が作るものなんてクソみたいなもんなので参考になるかわからないですが、よければご参考に。※ちなみに解説はちょーライトです。

Fly Hign

元絵


これは、色合いを一番時間かけました。
色調補正 > で、「イエロー」と「レッド」以外の彩度を落としています。


あとは多角形選択ツールで黒を斜めに引き、
透明度を50%ほどに落として、テキストを入れれば完成。

視線をブーツに集めることと、FlyHighの意味を絡めてる点。
そして被写体の目線にテキストを埋め込んで誘導してる点がポイントです。
あと美尻

完成

HappyWedding

元絵


ガラスっぽい感じと、
ストーリーのある写真、女性らしい色合いの物が作りたくて
思いつきでやってみました。

こちらも同じく、今度は「ブルー」以外の彩度を落とします。


写真をずらし、丸のマスクで必要な部分だけに抜きます。


もう一枚、写真を思いっきりぼかしたレイヤーを裏に設置。


このようなフォントの場合、字詰めだけじゃなく、
大きさも調整した方が動きが出て良いです。
Happのpとy、Weddingのd、gを大きくしています。

あとは装飾して完成。

完成


Monkey

カッコいいフォントで、少し挑発的なデザインを作ってみたかったので。。。
これは凄い簡単です。

元絵


夕焼けのせいか、ほぼ1色なので加工しやすいです。
これをまずレベル補正で強弱と強め、彩度を全て落としてモノクロに。


これを自動選択ツール > 色域指定で白い部分を消します。


レイヤーに「カラーオーバレイ」と
「パターンオーバーレイ」で色とザラつきを入れます。
※ちょっと見えづらいですね。本当は横1600pxあるので、縮小で質感が消えちゃってます。


後は適当に装飾して完成。これのポイントは、写真選びですかね・・・


猿は偉そうなので、皮肉っぽくこんなアクセントも。

完成



これからちょいちょい作ると思うのですが、
ナビ > AboutMe > Graphic のページに格納していきますので、
もし良ければ見てやってください。
また新しいのを作ったら記事にします。


> Graphic