上手いFacebookページのやりかた

Advertisement

よく、Facebook(以下fb)ページの活用がわからないって聞かれるので、割りと簡単な運営方法書いてみます。
とは言っても、僕もそんなに上手いわけではないです・・・あくまでも簡単な一例という事で。。

まずいいねを集めるのはサイトで

いいね!(以下LIKE)は、fbページ内で活動するとやはり目に止まりやすいので良いのですが、これはコンテンツ力が物をいいます。

また、fb内で投稿をミスると大きな痛手なので諸刃の剣と考えた方がいいです。(これについては後ほど)
ですので、サイトの方で集める努力をすると安全。うちみたいにLIKEBOXを前面に出しておくとか。

そもそも「人間の顔」は非常に視線を集めるのですが、更にそれが自分の知り合いだとしたら間違い無く目に止まりますよね。それができるのがLIKEBOX。信頼できる人が居たらなんとなくLIKEもしたくなっちゃう?

そもそも「人間の顔」は非常に視線を集めるのですが、更にそれが自分の知り合いだとしたら間違い無く目に止まりますよね。それができるのがLIKEBOX。信頼できる人が居たらなんとなくLIKEもしたくなっちゃう?



もちろん、わかりやすい場所にfbページへのリンクボタンを置いておくのも効果的です

fbページで有益な発信をしてシェアを集める

先程、両刃の剣と書きましたが、fb内での活動は当然効果が高い(拡がりやすい)ので、狙えるネタがある時は出して行きましょう。
ブログ系のfbページを運営しているなら、同じ種の最新情報を流すのがベター。他に、提案型の情報配信なんかも良いですね。
雑貨屋なら、生活支援を提案する情報とか、ビールならマニアックな最新ビールを紹介したり、とか。

不定期でWebやデザインに関する記事を流してくれるWebデザインレシピ fbページ

不定期でWebやデザインに関する記事を流してくれるWebデザインレシピ fbページ



脅威の95万いいね!お店や商品の宣伝はもちろんですが、生活スタイルに合わせた提案型の投稿、さらにコラムなども発信している無印良品のfbページ

脅威の95万いいね!お店や商品の宣伝はもちろんですが、生活スタイルに合わせた提案型の投稿、さらにコラムなども発信している無印良品のfbページ


ネガティブフィードバックに注意

ファンへの発信はやはりエッジランクを意識が必要です。
特にネガティブフィードバックに気を付けましょう

そもそもエッジランクは、ユーザーへの発信を到達される目安になる値ですが、fbはいつからか、フィードがハイライトでの表示になるように標準設定されています。
エッジランクが低いと、このハイライト表示で投稿が表示されない等の弊害があるわけですが、エッジランクを上げるには、親密度、重み、時間が基本要素です。特に親密度の優先度が高いので、発信側でコントロールし辛い部分があります。
親密度はユーザーがLIKEやコメントをする事で、そのユーザーとfbページの関係性の度合いとして積み上がります。ユーザー次第。ちなみに、プロフィールやページなどを見に行く事でも親密度は上がります。

ネガティブフィードバックもエッジランクに影響があるのですが、これは非表示にされたり、LIKEを取り消されたり、所謂ユーザーのネガティブな行動が影響します。これはある種のペナルティですので、これを下げない事が非常に重要です。いくら素敵な投稿をしても、ページの投稿全体を非表示にされてしまえばファンに戻る確率が一気に減ります。

ネガティブフィードバックを下げない秘訣は、投稿を乱発しないこと。気分を害さない投稿(特に写真)を見せない事にあります。
この「非表示」一発でも積み重なるとどんどんマイナスに・・・ 投稿(特に写真)には気をつけましょう ※ジブリさんのfbページは内容と全く関係ありません。むしろオススメですよ

この「非表示」一発でも積み重なるとどんどんマイナスに・・・ 投稿(特に写真)には気をつけましょう ※ジブリさんのfbページは内容と全く関係ありません。むしろオススメですよ


そして何より記事の質。

サイトの質が悪いと判断される事が何より影響されるはずです。

fbでLIKE(もしくは「シェア」)をされると、ユーザーの繋がりで一気に広まる可能性があります。twitterと大きく違うのは、その実名性ゆえの情報の信頼性。そして一つ一つが流されず目に留まる確率が高い事。fbはSNSの中でもユーザーの生活に近い存在です。Facebook Homeの登場からも、そこを狙っている事がうかがえます。まだfbページ運営に注力していないのなら、是非とも本記事を参考に運営を検討して頂ければ嬉しいです。