色相環のお勉強にも? 難問、色当てゲームの”Color”がとっても楽しい

Color

Advertisement

最近、色を当てるゲームみたいなのめちゃくちゃ流行ってますよね。
でもこの「Color」は本当に難しかった・・・

よくあるような、タイル状の色をクリックするのではなく、色相環から当てるゲームなんですが

  1. HUE
  2. SATURATION
  3. COMPLEMENTARY
  4. ANALOGOUS
  5. TRIADIC
  6. TETRADIC
のステップがあり、合わせる色がTETRADICではもう4箇所合わせていく事になってきます。

HUE

これは色相だけなので割りと簡単

SATURATION

彩度が加わり、少し難しくなりました。

COMPLEMENTARY

補色も加えて合わせていきます。
補色は色相環で、対向位置にあるので片方当てるだけ。SATURATIONと大差無いですね。

ANALOGOUS

1つの色に対し、他に2つの類似色を合わせていきます。
この辺りから難しくなってきますね。
3つの彩度を合わせるのが非常に難しい・・・

TRIADIC

色相環を三等分した時の色を合わせるトライアドとよく言われてるアレ。
これはまず何が難しいって、操作が難しい・・・(どれを選んでるのかわからなくなる)

TETRADIC

ラストはテトラード!つまり4つ!


最後に採点

全体的に画面もシンプルでキレイに作ってあるので、やっていて単純に楽しいです。

Color — Method of Action
http://color.method.ac/