書評:Web制作者のためのSassの教科書

Advertisement

P1110502
猫も好きだけど、いぬ派の人の方はいつも仲良くさせていただいてます。
本当色んな事を知ってる、出来るラーメンイケメンです。近々ラーメンデータベースを公開するとかしないとか。
平澤さんはお会いした事無いですが、コワーキングスペースCSS Space運営や有名サイトのCSS Happy Lifeの運営など、幅広い活動をされており、もちろん前々から存じております。

敏感な方はもう既に読んでらっしゃったり、書評記事なんかも既にたくさん出ているので、内容についてはあまり触れませんが、僕みたいなSassわかんねーよってダメ人間でもスラスラとストレス無く読めて、かつボリュームのある内容で手元に置いておきたいモノでした。冒頭にもありますが

本書は、Webサイト制作に必須のCSS(Cascading Style Sheets)を、より便利に効率的に書けるようにパワーアップさせた「Sass(サス)」に関してのアレコレを書いた、教科書的な本です。

  • Sassって聞いたことはあるけど、導入が面倒そうという方
  • Sassを始めてみたいと思っているが、今一歩踏み出せない方
  • 勉強コストとの天秤に掛けて、Sassのメリットがイマイチ見えてこない方
  • 周りでSassを使い出した人がいて、焦りを感じている方
  • CSSを今よりも効率的に書きたいと思っている方
これらの方がSassを導入するきっかけとなり、ひと通りSassの機能を使いこなせるようになるのが本書の目標です。
ー引用

と、いうように
Sassを理解するにはうってつけの内容になっています。

書籍の内容については、サポートサイトを見て頂くとわかると思います。

Web制作者のためのSassの教科書
http://book.scss.jp/

また、著者の方々が以下の記事も書いています。

Sassの教科書で一番読んで欲しいところ。 – CSS HappyLife
Sassの教科書で読んでほしいところ、その2。 | Sou-Lablog
『Sass勉強したいよー』
と思ってWeb記事などを漁るより、まずはこの本を一冊買って、少しづつ勉強していくのが良いかもしれませんね。
僕もコレを期に、早速勉強してみようと思いました。

購入はお近くの書店、もしくは先ほどのサポートサイトからどうぞ。
電子書籍化も10月に予定しているとの事です。

オススメですよ、ほんと。