Galaxy Nexusを買ったのでAndroid4.0やChromeのレビューなど。

Advertisement

さようならBlackBerry。9900も検討してたんだよ。
でもね、アプリが英語ばかりなのと、一度は流行りに乗ってみたかったの。ごめんね…。




というわけで、表題の通りAndroidに乗り換えました。
最近のスマホは凄いんですね。個人的にびっくりした事、そしてAndroid4.0で凄いなと思った事を書いておきます。(2.0との違いがわからないので、「Android」っていう体で書いていきますね)

先に一言申しておきますと、

同期はんぱねぇな

です。

Chrome (beta)

どうやら4.0から使用できるそうですね。
いたって普通のブラウザって感じです。 Android標準のブラウザは一体なんなんでしょうね??



ただ1点、凄く気に入ってるのが「同期」
普段からPCはChrome使用なのですが、ブックマークはもちろん、
閲覧履歴なんかも同期してくれてます。

だから会社のPCで見ていたページを、
帰路で気になり出したら履歴追うだけでまた見れます。

これが本当に便利。

連絡先

まあ、普通に同期されます。
BlackBerryから移管が上手くいかなかったので、一旦CSVにして読み込ませました。

これも便利だなと思うのが、Google+でプロフィール写真を登録してる人は、携帯で確認しても閲覧できる点ですね。
そのままGoogle+も見れますし、やっぱ連携・同期の凄みを感じます。

Picasa /  google +

Picasaで写真を管理してたので、これも驚きました。
アップロードすれば自分のギャラリーに勝手に同期されてますからね。
iPhoneもそうらしいですが、こういった機能は本当に楽チン。

もちろん撮った写真もアップされてます。
(ちょっと怖いですけどね・・・)

アプリ(Google Play / 旧Androidマーケット)

これが一番びっくりしたかも。

最近、Googleの上部タブにPlayが追加されましたね。
(Playは旧Androidマーケットの事です)

もちろんGoogleアカウントログイン時ですが、
PCで見ていたアプリページにある[インストール] ボタン。
気になったので押してみると、
数秒後には携帯端末がインストールを勝手に始めていました。


PCと携帯は何もつないでいません。3G回線で普通に置いていただけです。
気持ち的にはBlueToothで繋がってるような感覚でした。。。

メール(Gmail)

メールはGoogle使うことにしました。
(一応SPモードも一部の人だけ使ってますが、Google+なんかとの連動を考えるとGoogle使った方が色々メリットありそうですし)

Googleは「.」や「+」を入れてもメール受信出来るって知ってました?
細かい条件はあるのですが、僕は「+」を末尾に入れて、
○○○○○○+@gmail.comという具合で、携帯用のアドレスとして配信しました。
Gmailアプリも割りと早く受信しますし、バイブも着信も問題無く動作しました。

で、Gmailの方で上記のアドレスはラベルを付け、
それ以外のほとんどのメールは受信時、既読にするようフィルターをかけました。

携帯の方ではウィジェットで上記ラベルのリンクを貼り、1touchで携帯用アドレスの受信ボックスを開くように設定してます。

Galaxy Nexusについて

約2週間の使用感としては、常にサクサクですよ。
他の端末も触ってみましたが、あの「カクッ」となる感じも全く無いです。
アプリ起動しまくってても、カクカクっとなる事は一度もありませんでした。
ただ、読み込みが重くなる時はありますね。

4.0特有の物がいまいちわからないですが、
顔認証の精度はけっこう高いと思います。
今の所、他人で通った事はありません。

が、本人で通らなかった時はけっこうあります(笑)
最初の認証で写真を撮るんですが、
その時の明るさが悪かったり、以降の認証時に暗かったりすると
通らないです。

機体としては、ちょっとチープ感ありますね。
バックドアが。
あとdocomo版だとGoogleロゴが無いので、輸入で買い換えようと思ってます。

バッテリーは割りと普通。
最初はすげー減るなーと思ってたんですが、
同期設定等を見なおしたら、以前のBlackBerryと大差無い気がします。


これらの機能はひと通りストレス無く使えると思います。

Android4.0 (Ice Cream Sandwich)概要

フェイスアンロック
あなたの顔をを使って、お使いの携帯電話のロックを解除することができます。


シンプルで美しい、進化したUI
高解像度画面用に最適化されたフォントとアニメーション。そして直感的なジェスチャーで操作ができます。また、各アプリは画面の上部(または下部)の表示アクションバーでコンテキストのオプションにいつでもアクセスすることができます。


新しいホーム画面
最近使ったアプリのリスト表示機能や、カスタマイズ可能なお気に入りトレイなど、協力なマルチタスク機能があります。また、サイズ変更なウィジェットを設置可能など、豊富なコンテンツをインタラクティブに楽しむ事ができます。


新しいロック画面
ロック中でも、カメラに直接ジャンプ可能。更に通知ウィンドウなどもプルダウンできます。
音楽を聴くときはトラックを管理したりアルバムアートを見る事も可能です。
※スライドロックに限り?


スワイプ
着信、タスク、ブラウザなど、様々な画面でスワイプが活用でき、マルチタスクを便利にさせます。


ソーシャルネットワーク
電話、メール、ブラウジング、様々な場面からTwitterやFacebook、google+などの様々なSNS、及びクライアントと繋がることができます。


多彩なカメラ・ビデオ機能
顔検出機能、オートフォーカス、パノラマ撮影、露光検出、
画面キャプチャなど、様々な機能が標準で備わっています。
また、ギャラリーでは再設計されたアルバムで更に使いやすくなり、
フォトエディターでレタッチする事も可能です。

android.comより引用・抜粋、訳、一部脚色
VIA : http://www.android.com/about/ice-cream-sandwich/


こう見ていると、Androidの広告は、機能・端末を売るというか、ちょっと前で言うと「ソリューション」を提案して売っている感じですね。
プロダクトは使い方の提案があって初めて良いプロダクトだと知られる事が多いので、キレイなやり方だなーと思いました。

”きょうと~ しゅくはく よ・や・く~♪”


Android.com
http://www.android.com/