たった1つ。プレゼンで絶対にやらないように気をつけていること。

Advertisement

え?えーっと・・・そのー・・・あのですね。

とか言わない。
これにつきます。

なぜ?

一言で言うと「何言ってるかわかんない」から。

プレゼンには緊張や不安がつきものです。
僕も緊張しいなので、プレゼン苦手です・・・

この「えーっと」 とか「あのー」とか、あと「要するに」「つまりですね」とか。
これは言葉と言葉の場繋ぎで、不安を解消する為に出ちゃう事が多いです。

とくに「要するに」とか「つまり、だから」とか、
本来は、「今難しいこと話したけど要約して簡単に説明しますよー」って前振りなはずなのに、
ただ言葉の前に入れたいからってイキナリ使う人、多いですよね。
それ違うなーって思います。

プレゼンが上手い人って、
色々テクはありますけど、この「えーっと」は一切使わないんですよね。
そして、自信に満ち溢れて落ち着いている。

そうすることで、相手は「この人の言ってること、正しいかも」って思うんですよね。

どうしたらいい?

「えと、その、えーっと、、、どうしよかな(汗) よよ、よ、よ、要するにですね!!!つまりそのー・・・」

この間5秒!この5秒でもっと説明できるし、
この5秒は相手に負のオーラを発している時間です。
更に言うと、この5秒、沈黙していてもいいと思います。

沈黙は怖いです。
でも、相手も同様に、不安な時間です。そして次の言葉を逆に良く聞いてくれようとします。

 

緊張しないように努力する。

ベタですが、これが一番ですよね。
緊張する事で、プレゼンが失敗する確率はぐんと上がります。

緊張しない方法はよく書かれていますが、僕が実感した点を3つだけ上げると

  1. 事前にシナリオを考えて練習する
    シナリオは、資料構成ではなく、話すシナリオです。
    資料をそのまま読む、のではなく資料に沿って話すことを考えることです。
    当日は自分のシナリオ通り話せばいいんです。それだけ。
    それだけと思えば良いんです。
    僕は自分用のプレゼン資料に、「○○だけ話す」「○○のこと」と、一言メモをどこかに入れます。
  2. プレゼン内容の根拠をしっかり調べておく
    「裏をとる」ってヤツです。
    自分がどこか不安要素を持っていると、それが緊張に繋がります。
    「ここやべーわ、指摘されたらどうしよ」って、当日に急に不安になったり。
    なので、話す内容を、自信を持って言えるように事前に下調べをしっかり行います。
    「こんだけ調べたんだし、データもある。見てろよビビるぜ、へっへっへ」くらいが良いですよね。
  3. 注目されている、と思わない
    10人以上、いや、5人以上聞く相手が居る場合。
    そしてお偉いさんが居る場合。
    緊張しますよね?
    いや、逆なんですよ。僕が思うに、そういう時はむしろ
    「聞いてない」
    偉いからとりあえず居る人とか、補佐で、メモ取りだけしてる人とか、そういうのが多いです。
    コアな人が数人かならず要るので、その人達だけに向かって話せば良いです。
    そして、その人の目を見たりするとアイコンタクトというか、1対1で通じ合うような感じになります。
    担当の人とミーティングをしているような感覚です。

 

以上です。

言っておきますが、僕はかなりの緊張くんです。
プレゼンとかできればやりたくないです。苦手です。
でもこの方法を心がけていると、当日緊張ながらもなかなか良い評価を頂ける時があります。

オススメです。是非。

ご清聴、ありがとうございました(笑)